第22回全日本フットサル選手権大会 東北大会の結果(2016年12月17日(土)~18日(日))

2017/01/30

東北フットサル
2016年12月17日(土)~18日(日)に上山市三友エンジニア体育文化センターで行われた、第22回全日本フットサル選手権東北大会の結果をまとめた。

大会は東北6県の各代表、東北フットサルリーグ今年度前期の成績1位~4位、当年度開催地枠(山形県)、来年度開催地枠(秋田県)の合計12チームによって争われた。

1次ラウンド 12/17(土)
3チーム×4ブロックの予選リーグ戦(15分-5分-15分プレイングタイム)を行い、各ブロック1位の4チームが決勝ラウンドに進出する。
決勝ラウンド 12/18(日)
準決勝は試合時間15分-5分-15分プレイングタイムで行う。
決勝は試合時間20分-10分-20分プレイングタイムで行う。
いずれも引き分けの場合5分ハーフの延長前後半、延長で決しない場合はPK戦とする。
3位決定戦は行わない。

優勝したミカロ センダイが全国大会に出場する。

参考:第22回全日本フットサル選手権大会 各地域大会の状況を調べてみた。

スポンサーリンク

出場チーム(12チーム)

県など チーム名
今年度前期
東北リーグ
上位4チーム
4 ミカロ センダイ (宮城県/1位)
東北⼤学フットサル部ディーグッチ (宮城県/2位)
ヴォスクオーレ仙台サテライト (宮城県/3位)
ヴィヴァーレ一関 (岩⼿県/4位)
青森県 1 イタチカ⼋⼾
岩手県 1 テンポボニト
宮城県 1 ウルティモ
秋田県 2 ピエトラ
ベル ジョーコ フットサルクラブ
山形県 2 マルバ山形fc
クラッキ天童
福島県 1 ヴォルビエント郡山
合計 12チーム

最終順位

優勝: ミカロ センダイ (宮城県/東北リーグ)  全国大会に出場

準優勝:テンポボニト(岩手県)
3位:  マルバ山形fc(山形県)
3位:  ピエトラ(秋田県)

決勝

決勝 対戦
ミカロ センダイ 4-3 テンポボニト

準決勝

対戦
ミカロ センダイ 4-1 マルバ山形fc
テンポボニト 5-3
(前後半2-2)
(延長3-1)
ピエトラ

1次ラウンド予選リーグ順位

Aグループ
1位 ミカロ センダイ
2位 イタチカ⼋⼾
3位 ベル ジョーコ フットサルクラブ

Bグループ
1位 マルバ山形fc
2位 ヴォルビエント郡山
3位 ヴィヴァーレ一関

Cグループ
1位 ピエトラ
2位 ヴォスクオーレ仙台サテライト
3位 クラッキ天童

Dグループ
1位 テンポボニト
2位 東北⼤学フットサル部ディーグッチ
3位 ウルティモ

全国大会の日程情報

〈開催日〉 1次ラウンド:2017年3月10日(金)~12日(日)
決勝ラウンド:2017年3月18日(土)~20日(月・祝)

〈開催地〉 1次ラウンド:静岡県/エコパアリーナ 大阪府/岸和田市総合体育館 兵庫県/グリーンアリーナ神戸
決勝ラウンド:東京都/国立代々木競技場第一体育館

 

 

今日も最後までお読みいただいてありがとうございました。



FixStyleは今、何位??
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村フットサルランキング

当ブログはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。
なお、フットサルリーグ戦や大会に関する当ブログの内容は、正確性を保証するものではありません。公式サイトをご覧いただくか、リーグ運営者にお問い合わせください。

-全日本フットサル選手権, 東北