そろそろタトゥーを認めればよいと思う。東京オリンピックの前に。

Tattoo

「試合でタトゥーを晒すことを認めたら、ひょっとすると話題になるかも。」

これは、もしも自分がFリーグのコンサルだったとして、お金をかけずにFリーグを話題にする方法がないだろうかと考えた時に、思いついたことです。

スポンサーリンク

タトゥーのイメージは、今も全然良くないらしい

スポーツ選手のタトゥー、どう思う? - Yahoo!ニュース 意識調査

Yahoo!ニュースの意識調査によれば、タトゥーを「試合中は隠すべき」が68.6%、「試合中も隠さなくてよい」が31.4%と、隠した方が良いという意見が圧倒的に強いようです。(調査は2015年10月時点)

隠すべきという理由は、もはや「なんとなく怖くみえるから」でしかない。

一般的な日本の社会では、忌み嫌われるタトゥー。

隠すべき理由が例えば「子ども達への悪影響」というのであれば、メッシやネイマールはどうなの?という話になります。
「暴力団」や「ヤンキー」という、タトゥーへの反社会的な悪いイメージしか浮かばない人には受け入れがたい話だろうとは思いますが、海外のサッカーの映像なんかを観る機会が多いと、タトゥーへの偏見は和らいでいきます。

例えばメッシ。

Vacaciones !!!! Nada más lindo que vos .. te amo

Leo Messiさん(@leomessi)がシェアした投稿 -

メッシに対抗して、ネイマールも。

Never ending love ❤️

Nj 🇧🇷 👻 neymarjrさん(@neymarjr)がシェアした投稿 -

2020年東京オリンピックを控えたこの時期にこそ

3年後には、東京の街に大勢の外国人アスリートが訪れます。
中にはタトゥーをした選手も、たくさんいることでしょう。

そしてきっと今のままでは、タトゥーを見せることを禁止する文化はあまりにもナンセンスだと、日本が国際的に非難されるような事件が起こるでしょう。

フットサルが率先して話題をさらえばいい。

東京オリンピックのその前に、フットサルが率先してタトゥーを公認すれば、きっと全国的に大きな話題になるでしょう。
賛否両論が巻き起こって、多くの注目を集めることができるかもしれません。

日本フットサル界随一のスーパースター、ペスカドーラ町田の森岡薫選手が、左腕にカッコいいタトゥーをしていることは、フットサルファンなら知らない人はいないでしょう。デザインもカッコいいですが、そのタトゥーに込められた意味合いも、彼らしく本当にカッコいい。

彼の存在を利用するわけではないですが、実力ある選手で、ルックスも抜群の日本のスターが注目を集めることが、フットサル界の発展に悪い影響を与えるはずがありません。

メッシがFリーグに入ったら、タトゥーは隠す?

そんな可能性はまずないでしょうが、もしもメッシがFリーグクラブに入って出場するとして、「タトゥーもろ見えはちょっとまずいんで」って、メッシに長袖のインナーを着せますか?映像にモザイクかけますか?

世界的スターはOKで、日本人はダメっていうのは、まったく理屈に合いませんよね。

フットサルに先鋭的な、自由のあるスポーツというイメージを。

これまでの日本のスポーツ界は、体育からスタートしているために堅く保守的なイメージがあって、特にマイナースポーツには暗いイメージがついてしまっています。

そういったマイナースポーツの持つ保守的なコモンセンスを打ち破る、先鋭的なイメージをフットサルに植え付けることによって、フットサルをやろうという若者が増えるかもしれません。

あと3年で東京オリンピック。
そう、今が最大のチャンスなのです。



このブログを応援してくださる方は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

当ブログはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。
なお、フットサルリーグ戦や大会に関する当ブログの内容は、正確性を保証するものではありません。公式サイトをご覧いただくか、リーグ運営者にお問い合わせください。

-Fリーグ