京都府

元フットサル日本代表、松宮充義さんのフットサルスクールを見てきました。

京都、大阪、奈良の3府県でフットサルスクールを展開する、元フットサル日本代表の松宮充義さんのスクール「CRIADOR(クリアドール) FUTSAL CLUB」京都校のトレーニングを見学させていただきました。 トレーニングの質がハイレベル 僕が見たトレーニングは、3人が並んで行う、攻撃のパターン練習でした。 フィクソから右アラにパスが出る 左アラが縦に走る動きからケブラ フィクソはパスを出した後、左 […]

京都府1部リーグ2016-2017シーズン最終節の結果

とても気になっていた、京都府1部リーグの結果が分かったのでお知らせしておこう。 2017/01/09 (月祝)SuperSports XEBIO 京都府フットサルリーグ2016 1部最終第11節 @伏見港公園体育館 10:30 Cornetto 2-7 京都大学ARI 12:20 Pandasista 2-6 Balon 14:10 kerubito 1-1 Doppietta 16:00 PRO […]

京都のフットサル界で僕がやろうとしていたこと / 第6章 常識は敵。

競技フットサルの運営の中心にいる時期は、とても窮屈だった。 縦社会の典型ともいえる組織の端くれにいたので、発言や行動が上から制限されることも多かった。僕はブログなどで比較的なんでも発信してしまう方だったので、よく注意もされた。出る杭は確実に打たれる。賢い方法は、何も言わず黙っていることだ。 発言や行動をセーブしているうちに、思考にまでブレーキがかかるようになった。 [adsense] だが、競技か […]

京都のフットサル界で僕がやろうとしていたこと / 第5章 人生最大の挫折。

自分のフットサル場を建てたい。 フットサルに真剣に携わる方なら、一度は考えたことがあるだろう。僕も多くの皆さんと同様に、自分のフットサル場を建てたいと考えていた。 2010年当時、京都府社会人の3部リーグは民間フットサル施設で行っていて、そろそろ3部も公共の体育館で・・・という方向になっていた。また、さらなるチーム数拡大のために、4部に相当するエントランスリーグとシニアリーグの構想もあったので、会 […]

京都のフットサル界で僕がやろうとしていたこと / 第3章 確信:京都府選抜を率いて。

2009年から2012年の4シーズン、僕は京都府フットサル社会人選抜の監督を務めた。 結果から言うと、2度の全国大会出場(うち2010年に優勝)と2度の関西大会敗退だったが、そのメンバー選出には、僕なりのこだわりがあった。 目的は、全国優勝のタイトルを取ることと次代を担う若手の向上心をくすぐることだった。 選抜はU-23の大会になるという噂。 「来年度から選抜大会は23歳以下の大会になるかもしれな […]

京都のフットサル界で僕がやろうとしていたこと / 第1章 テトリスのようなフットサル。

テトリスみたいだな。 これは僕が4、5年前まで京都府リーグを見ていた頃に常々感じていた、率直な感想である。 どの試合もテトリスのようだった。 テトリスは、はじめのうちはブロックがとてもゆっくり落ちてくる。正直、かったるい感じがするぐらいゆっくり。何度か4段いっぺんに消したりして、ある程度レベルが上がってくると今度は猛烈なスピードでブロックが落ちてきて、こちらも対応に苦慮する。なんとかやりくりして危 […]