チーム

1/5ページ
「チームとは何か」なんてたいそうな事を言えるような出来た人間ではないですが、あくまで個人的な意見を。
  • 2018.11.13

どちらも応援したい試合。

両チームとも応援していました。 第15回全日本女子フットサル選手権の準決勝、SWH 対 福井丸岡RUCKの試合のことです。 SWHは日本代表ゴレイラのだんこと山本彩加選手がゴールマウスを守っています。京都から兵庫県まで練習に通うだんのスポンサー募集のフライヤーを、2年続けて作らせていただきました。SWHサポーターのとおるちゃんも、昔から大好きなサポーターさんです。 そして丸岡RUCKは、SNS画像 […]

  • 2018.11.09

ギャングと丸岡と内田淳二と。(後編)

(これが噂の丸岡か・・・。) 初めて福井丸岡ラックの試合を見たのは、2016年2月の女子地域チャンピオンズリーグの準決勝でした。 ギャングが準決勝進出。対戦相手は福井丸岡RUCK。 2015シーズン当時、福井丸岡RUCKは東海女子リーグに所属していました。 レギュラーシーズンの東海リーグでは丸岡が優勝、メンバー・オブ・ザ・ギャングが準優勝で、両チームは全国大会(地域チャンピオンズリーグ)に出場し、 […]

ギャングと丸岡と内田淳二と。(前編)

週末、家族で金沢へ行ってきました。 「石川へ行ってきました。」と「金沢へ行ってきました。」どちらが旅行っぽいかなと考えると、やっぱ金沢かなと思うのですが、皆さんご機嫌いかがでしょうか。 女子のフットサルの全国大会、三重県代表のメンバー・オブ・ザ・ギャングの応援。これが、木村家が掲げるこの旅行の最大の目的です。 父親的には、最近ほぼ毎日のように連絡を取り合っている枝Dの内田淳二君がコーチをしている福 […]

府県リーグを見に行って最も不満に思うこと。

全国各地で、次々に競技フットサルのリーグが開幕していますね。 フットサルを見に行くと、不満に感じることがしばしばあります。 タイトルは「府県リーグを見に行って・・・」としていますが、もちろん地域リーグでも、時にはFリーグでも、もの足りなく感じることがあります。不満に感じたときはいつも、ついつい声に出してしまいます。 「遠いわ!」と。 何が遠いかというと、ディフェンスの距離感です。 ボール保持者とデ […]

ミスマッチを避け続けたら関西リーグで優勝できた監督の話。

注:この記事はステマです。宣伝記事ですので嫌いな方はご注意ください。 僕が生まれてはじめて胴上げしてもらえたのは、2008-09シーズンの関西フットサルリーグ最終節でした。 胴上げされてはじめて、「デブはチームメイトに迷惑をかける。痩せよう。」と真剣に思いました。優勝を狙っているぽっちゃりめの監督の皆さん、ダイエットを始めるならお早めに。シーズン終盤までは長いようで短いですよ。 昔の良かった時の話 […]

若手が伸びない理由。

若井将平はフットサルの選手。 基礎能力が高く、まじめで練習熱心、賢くて謙虚なフィールドプレイヤー。年齢は22歳です。 そんな若井選手が、昨年度まで所属していた学生リーグから、社会人地域リーグ1部のチームに入団しました。いわゆる挑戦です。 ※注:この話はフィクションです。実在する人物や団体などとは関係ありません。 入団したチームは、ダントツの強さではないものの、地域リーグの上位争いができるレベルです […]

チームのチラシを作るとモチベーションがきっと上がるというお話。

東海フットサルリーグ1部の、Force Futsal ISE(フォースフットサル伊勢)さんのフライヤー(チラシ)をデザインさせていただきました。 素材となる写真はこちら。 オーシャンアリーナのベンチ側とは逆のサイドからズームして撮った写真のようです。 若干画像が小さいけど(750×500px)、A4サイズぐらいまでの印刷物ならまあなんとかなるでしょう。 これからポスターやフライヤーなどを作りたいと […]

  • 2018.03.21

ウェブサイトすら持たないフットサルチームが多い理由。

フットサルチームの代表者は、5年後も10年後もチームが存在し続ける(できれば強いチームであり続ける)ことを夢見るものだということを、数日前にこちらの記事で書きました。 そして、5年後、10年後も生き残るチームになるために、まずはスマホで見ることを前提に作られたウェブサイトを持つことから始めるべきであると書きました。なぜなら今どき、チームを探すときにスマホでググらない人はいないからです。 しかし、本 […]

  • 2018.03.17

5年後、10年後も生き残るチームになるために必要なこととは?

フットサルチームに寿命があるとすれば、それは平均で何年ぐらいでしょうか。 新たなチームが、生まれては消えていく競技フットサルの世界。 これから少子化の影響をもろに受けて、競技をやめる人数が競技に入ってくる人数を上回ったとき、業界全体の衰退が始まります。いや、すでにフットサル業界は衰退の道を歩みはじめているのかもしれません。   今シーズン好調だったチームが、来シーズンも好調でいられるとは […]

  • 2018.01.11

カンデラスから学ぶ、勝つためのメソッドとは?Vol.5

ヘスス・カンデラス(Jesús Candelas)氏の哲学を綴ってくださっている在原正明さんのツイートを、いくつかずつまとめています。転載させていただくことをご快諾いただいた在原さんに大変感謝しております。 Vol.1から読む Vol.2から読む Vol.3から読む Vol.4から読む カンデラスの言葉 「インテンシティとはプレーモデル×実行の速度である」 — 在原正明/Masaaki Ariha […]

1 5