「昨日の敵は今日の友」を具現化してみたい。

ライバルチームに負けて悔しいけれど、そのライバルが全国大会に出るのを応援したいと思うこと、ないでしょうか?

準決勝で戦って負けた名前も知らない対戦相手を、決勝では応援したくなることは、ないでしょうか?

そういう気持ちを形にできるシステムを作りたいなと、思い立ちました。

普段はライバル同士でも、同じ目標を持って戦っているなら、みんな仲間でしょ。

僕は10年ほどフットサルに携わってきた中で、フットサルを通じて知り合った人、交流を持った人はみんな仲間だと捉えてしまう性質があります。それが良いか悪いかの議論はともかく、仲間なんだから応援しあったらいいやんって、思うわけです。

例えば、2年前の地域チャンピオンズリーグでVAXA高槻が決勝に進出した際にどうしても応援に行きたくなったキモチも、対戦相手のリガーレ東京に神戸大出身の選手がいて、その彼だけは敵ながら応援していたキモチも、いつも関西出身のFリーガーを応援したくなるキモチも、アジア選手権で日本代表を応援したいキモチも、それぞれボルテージは違えど、根底ではどれも同じ。純粋に仲間だから応援したいというキモチなのです。

「昨日の敵は今日の友」を具現化するシステム、作ります。

というわけで、思いついたらとりあえず動いてみたいと思います。
ちなみに、アイディアの形はまだオボロゲにしか見えていません。

まずは僕のキモチに共感いただいた方で、一緒に考えてみたいと思う方を、募集します。(一応の募集期間は2017/9/30までとします。)
僕の知り合いの方は、Facebookでメッセージをください。
僕の知り合いでない方は、できればTwitterで簡単なプロフィールを添えてダイレクトメッセージを送ってください。
Twitterは以下のアカウントへお願いします。


今日も最後までお読みいただいてありがとうございました。



FixStyleは今、何位??
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村フットサルランキング

当ブログはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。
なお、フットサルリーグ戦や大会に関する当ブログの内容は、正確性を保証するものではありません。公式サイトをご覧いただくか、リーグ運営者にお問い合わせください。

-新たなチャレンジ