ラグビーにあって、サッカーやフットサルに足りないもの

ラグビーにあって、サッカーやフットサルに足りないもの

僕だけでしょうか。
ラグビーの選手って、なぜかみんな人格者に見えます。

あんなに激しくぶつかって、引き倒されて、もみくちゃにされても、誰も文句は言わず、すぐに立ち上がって勇敢に走りはじめる。
めちゃくちゃ痛そうなのに大げさに痛がらず、シミュレーションのような行為はほとんどなくて、めったなことではレフェリーに抗議しない。

倒されても倒されても諦めず立ち上がる。そんな姿が、選手たちを誇り高い戦士に見せるのでしょう。


僕もにわかファンとして今回のラグビーW杯に熱狂しているひとりなのですが、なぜこれほどまでに夢中になったのかを考えてみました。

いちばん大きな理由は、ラグビーは試合中ずっとフルスピード・フルパワーのぶつかり合いが続くということだと思います。
がむしゃらに走っていても全身でフェイントをかけたり、倒される中でも必死に味方にパスを出したり。とにかく全てがシャカリキで、気持ちがいい。
見ているほうも休む暇がないのです。

ボールを奪えないことは「負け」に直結する。

相手ボールの時は常に守備に全力を尽くす。

ラグビーW杯を見て、このシンプルな常識が観戦者にとって、とても刺激的なのだということを再確認しました。

守備は攻撃。
攻撃は、ボールを持った相手を迎え撃つところから始まっているということ。

今の日本のフットボールに足りないもの。

それは、守備をよりアグレッシブにすることです。もちろんロジカルに制御された守備を。よりスピーディな、退屈する時間がほとんどないゲームを見せる。これこそが観客を熱狂させる近道なのだと思っています。そのためには、高いレベルで守備の強度を上げなければなりません。

僕がフットボールに携わる皆さんに枝Dクリニックをお薦めしている最大の理由がこれです。

そういうわけで、今回も関西で内田淳二氏の枝Dクリニック(with大森さんセミナー)を主催させていただきました。

11/9(土)~10(日)八幡市の男山レクリエーションセンターで行います。まだ空きがございます。

詳しくは以下の画像をタップしてご覧ください。

Football-Bootcamp in 京都/八幡

今日も最後までお読みいただいてありがとうございました。



FixStyleは今、何位??
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村フットサルランキング

当ブログはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。
なお、フットサルリーグ戦や大会に関する当ブログの内容は、正確性を保証するものではありません。公式サイトをご覧いただくか、リーグ運営者にお問い合わせください。

枝Dカテゴリの最新記事